image転職で必要な資格、有利になる資格

転職する時に資格は必要ありますか?といった質問がよくあります。転職では、その仕事内容によっては、資格が必要であることもあるでしょうし、資格を持っていると採用の際にとても有利な時もあります。その資格の内容などから会話を広げていくこともできます。例えば、経理が希望なら、簿記の資格があると転職で有利ですし、不動産関係だったら宅建の資格は必須になります。入社後にその資格を取得するというのではなく、転職する前にその仕事ではどんな資格があるといいのかを考慮して、資格を取得しましょう。

image

履歴書に保有資格を書けるかで、面接結果も変わってきますよ!

仕事をしながら試験勉強は、体力的にもきついですが、仕事を辞めてから資格を取るのは、転職の期間が長くなってしまいます。先倒しで準備を始めて、退職前に取得しておくといいですよ。資格の程度によって、独学で合格するのが難しい場合もあると思います。もし、時間が合わなくて資格学校への通学が無理だという時は、通信講座で勉強してもいいでしょう。

最近は通信講座でも、ネットでのサポート体制が充実しているなど、合格に必要な知識を短時間で学習できるようになっています。

応募書類の資格欄に保有資格を書く時に、その仕事には関係のない資格を書いても意味がありません。趣味の資格を保有していても、それを書くのは避けるべきです。本当に仕事を頑張る気があるのかと、疑いを持つこともあることもあります。

職種によっては、社会保険労務士や中小企業診断士などの難関資格を持っていると有利な場合もあります。とはいえ、資格を受けるために、現在の仕事が不備になるのは、本末転倒と言わざるを得ません。転職のための資格なので、あくまでもその軸がぶれないよう、資格取得を考える必要があります。いろいろな資格があるので、転職に必要な資格は何かをしっかりと考えるようにしましょう。